ゴールデンウィークも終わってしまいますね。。。

先日、エアコンパネルをイジリ回して気づいた事をメモしておきます。



今回エアコンパネルの打ち換えを行うにあたり、
基板が外れず難航が予想されたので、
事前に予備と言うか練習用のエアコンパネルを入手しました。


うちのセレナのリアエアコンは、『リアクーラー』しかありません。
その車両に付いていたエアコンパネルの部品番号は
27500 5TA0A


中の基板にある、識別できる部品番号/バージョン番号は↓のチップに書かれた番号のみで
275WB5TA0A


練習用として入手したエアコンパネルは、
おそらく『デュアルオートエアコン』装備車両のもの。
エアコンパネルの部品番号は
27500 5TB0A


中の基板にある、識別できる部品番号/バージョン番号は↓のチップに書かれた番号のみで
275WB5TA0A

…そのほかに書かれている製造番号?管理番号?は違うけど、
普通に考えると中身の基板一緒じゃね?
と思った訳です。



そう思ったらもう繋いでみるしかないっしょ(笑)
もし万が一不具合があるとしても、どこかのヒューズが飛ぶくらいで済むだろう、
そう思って27500 5TB0Aのパネルを、
『リアクーラー(27500 5TA0A)』仕様のセレナに繋いでみました。

結果、元のパネルと全く同じように表示も操作もできます。
やっぱり同じ基板で、同じ動きのようです。

…では、なぜ部品番号が違うのか?


改めてパネルを良く観察…
あ、違う部分があります。気づくの遅すぎw

上が『デュアルエアコン』用、
下が『リアクーラー』用のパネルです。
違い、分かりますか?


違いはココ。
『デュアルエアコン』用は、REAR ON/OFFボタンと、REAR SETボタンがあるのに対し、
『リアクーラー』用は、REAR ONボタンと、REAR OFFボタンになっています。
 
中身の基板は一緒で、パネルの表示が違うだけで部品番号が異なっているようです。
なるほどねー



27500 5TB0Aのパネルを、ウチの『リアクーラー』仕様車両に付けると
REAR ON/OFFボタンを押すとREAR ONとなります。
再度押してもREAR OFFになりません。
REAR SETボタンを押すと、REAR OFFとなります。
逆に27500 5TA0Aのパネルを、『デュアルエアコン』仕様車両に付けて確認すれば
互換性が証明できそうですが、そりゃ無理なので試せていません。

ともあれ、中身の基板の部品番号が同じなのでまず間違いないでしょう。
この表示の違いが気にならなければ、部品番号が異なっても普通に使うことが出来そうです。
エアコンパネルの種類は、日産のパーツリストで確認した所2種類しか無いようです。

※独自に調べて見て、推測を含む内容の記事です。
 参考にされる方は自己責任でお願います。