前回、イルミネーションコントロールスイッチと、トリップ切り替えスイッチのLED打ち換えに伴い、
運転席側のエアコン吹き出し口を外しました

ついでに?
運転席左側にある、エマージェンシーブレーキ/踏み間違い衝突防止スイッチと
VDC OFFスイッチのLEDも打ち換えてしまいます。




今回も、外し方が正攻法ではありません。
正しく外すには、内装をゴッソリ外さなければならず、面倒なので…
前回同様、内装に少々無理な力を加えて外しています。
参考にされる方は、くれぐれも内装を割ったりしないように注意し、自己責任で行ってください。

ナビ/オーディオパネル
シフトパネル
ハンドル下のカバー
は必ず外す必要があります。
また、運転席エアコン吹き出し口を外す手順の途中まで行って、エマージェンシーブレーキ/VDCスイッチを浮かせる必要があります。
ステアリング周りの内貼り(コラムカバー)は必須ではありませんが、外しておくと、作業が楽だと思います。

赤矢印の辺りから、スイッチ裏に手を入れると、コネクタにアクセスできます。



コネクタを外したところ。
コネクタの下側に、リリースボタンがあるので、押しながらエンジンルーム方向に引き抜きます。
この2つのスイッチのコネクタは同じ形状に見えますが、
ちゃんと切り欠きが違う場所にあるので正しいスイッチにしか差し込めないようになっています。



運転席エアコン吹き出し口を外す手順で、スイッチのパネル上方に隙間を作ります。



隙間を作ると、緑丸の所に、2本のネジが見えます。
このネジを、写真のような平たい(短い)ラチェットドライバーで緩めました。

赤で囲ったパネルの上端には、一応傷防止でビニールテープを貼ってあります。



反対側には、少しスペースに余裕があるので短いドライバーでネジを緩めました。



ネジを2本外せば、スイッチが2つ繋がって外れてきます。
緑丸の2か所がネジ止めされていました。



ここからは、室内に持ち込んでの作業です。
2つ繋がっているスイッチを分離させます。

スイッチの、緑で囲った所にツメがあります。



反対側にも同じツメが。



繋がったスイッチの間にも、同じツメがありました。



なので、つまようじ4本を使い、写真のようにツメの両脇に差し込んで、ツメを浮かせます。



ツメ2か所を浮かせた状態で、スイッチを後ろから前へ押し出せば、写真のように抜けてきます。
もう一つのスイッチも同様に作業して分離させます。



スイッチを分解します。
エマージェンシーブレーキ/VDC OFFスイッチには、ON/OFFの状態を表示するインジケーターランプがあるのでLEDは2個実装されています。

右上の青四角の所に、2012サイズのオレンジ(アンバー)チップLED、
下の赤四角の所に、3216サイズのオレンジ(アンバー)チップLEDです。



タップリの追いハンダ(新しいハンダを追加)を行い、チップLEDを外したところ。
LEDの取外しや取付は、エアコンパネルを打ち換えした時の動画が参考になると思います。



チップLED取付完了。
右上に、2012サイズの白色チップLED、
下に、3020サイズの青色チップLEDを取付しました。
右の白LEDは結構曲がりましたが…発光には影響ないので、気にしないお約束です。



VDCOFFスイッチも同様に行います。
こちらのスイッチは、インジケーターランプが無いので、水色四角の所の2012オレンジ(アンバー)チップLED1個のみです。
同様に、2012サイズの白色チップLEDに打ち換えしました。



純正と打ち換え後の点灯比較です。

白と青で大好きな色調になったんですが、エマージェンシーブレーキ/踏み間違い衝突防止スイッチは
常に青色のインジケータランプが点灯していて、少しマブシイような気もするのでした。



エアコンパネル、シフトパネルと一緒に撮るとこんな感じです。
シフト照明LEDはやり直ししないとムラが酷くて見られない感じですが、他は一体感が出てイイ感じではないでしょうか(自己満)

参考にされる方は、自己責任でお願いします。