C27セレナのインテリジェントキーの電池交換を実施しました。



交換手順の動画です。
動画の通り2分くらいで交換できちゃいます。



納車からたった8か月で、インテリジェントキー(スマートキー)の電池残量低下表示が出ました。
2つあるキーのうち、1つだけ残量が少ないようです。
どちらかと言えば、良く使うキーの方ですがちょっと早すぎる気がします。

※2017/6/15追記
スマートキーは、電磁波の出るものと一緒に保管すると電池の消耗が激しくなるそうです。
電磁調理器やテレビ、コードレス電話、携帯電話やスマホなどです。

なるほど、電池の残量低下表示が出たのはヨメのスマートキーで、保管も持ち歩きも携帯電話&スマホと一緒でした。
理由が分かってスッキリですが、『一緒に持ち歩くな』とは意見出来ないので…(笑)



交換手順は取扱説明書の516ページにある通りですが…



インテリジェントキーの背面にあるロックを①の矢印方向にスライドさせながら、メカニカルキーを引き抜きます。



メカニカルキーに隠れていた四角で囲った場所に、分解用の溝が2か所あります。



ここに精密ドライバーを差し込んで、右側は時計方向にドライバーを回します。

取扱説明書には、傷防止で布を…なんて書いてありますが、厚い布だとドライバーが溝に入らないし、薄い布だと傷防止にならない。
どうせ見えない部分ですし、布は無しで行いました。



パキっとこんな感じで少しフタが開きます。



反対側も同様に、こちらは反時計方向に回します。同じくパキっと外れました。



ここまで隙間ができれば、手でも外れると思いますが、一応隙間にドライバーを入れて左右に回したら簡単に外れました。



あとは手で開くだけです。



フタが外れて、電池が見えています。



こちらは、C26セレナの電池を交換した時の写真です。
中身が全然違いますね。改良されたんでしょうか?
C26のインテリジェントキーにはCR2025が適合ですが、CR2032も使えます。
CR2032は容量アップで1.4倍以上長持ちする計算でオススメです♪

C26セレナの電池交換記事はコチラですが、C27と同じ手順で分解~交換可能です。



インテリジェントキー内部の、基板には”DO NOT TOUCH”とわざわざ書かれていますので、触らない方が良いでしょう。



電池を外します。
素手では外しにくかったので、やはり精密ドライバーで下から押し出しました。



使用されている電池は、CR2032です。
C26のCR2025に比べれば、電池容量もアップしているハズなんですけどね…
それにしても残量低下が早すぎる気が。。。
入っていた電池と同じ、Panasonic製品を用意。



電池を取付します。
①のように、斜めに差し込んで端子に突き当ててから、②の辺りを押し込めば取付できます。



電池取付完了です。
電池の向きを間違えないように。
電池の型式が書いてある側が、(+)で、下側になります。
写真の見えている側が(ー)で、上側です。



キーを元通り組み立てます。
赤丸の辺り…丸くて日産のロゴが入っている側を先に合わせて…



両面から押さえてパチンとハメれば完成です。



元に戻したら、ボタンを押してみてキーのLEDが点灯するか確認します。
この後、クルマの所でキチンと動作する事を確認しました。

やり方が分かっていて、電池とドライバーがあれば、動画の通り2分くらいで交換できます。
ディーラーでも\500円で交換してくれるようですが、自分でやれば半額です。
簡単ですので、おススメできます。

残量低下と表示された電池の電圧は3.03V
新品の電池電圧は3.30Vですので電圧の差はあるものの…
やっぱり残量低下が早すぎる気がします。