納車から約10か月。
連日の雨で、ワイパーの拭き取りが気になってきたので交換しました。

もちろん、コストパフォーマンスを考えてワイパーゴムのみの交換です。




C27セレナのワイパーゴム適合はまだ一般的ではない?(笑)
替えゴム適合表を載せときますね。
↓純正のワイパーブレードに適合します。

替えゴム 超強力シリコート
(超撥水)
※価格は掲載時
 のものです
運転席 超強力シリコート
替えゴム650㎜
(902円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:650㎜
呼番:111
助手席 超強力シリコート
替えゴム350㎜
(900円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:350㎜
呼番:101
リア 超強力シリコート
替えゴム305㎜
(853円)
幅:6㎜
長さ:305㎜
呼番:1D
替えゴム エクセルコート
(撥水)
※価格は掲載時
 のものです
運転席 撥水エクセルコート
替えゴム650㎜
(1100円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:650㎜
呼番:111
助手席 撥水エクセルコート
替えゴム350㎜
(978円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:350㎜
呼番:101
リア 撥水エクセルコート
替えゴム305㎜
(778円)
幅:6㎜
長さ:305㎜
呼番:1D
替えゴム スーパー
グラファイト
(スタンダード)
※価格は掲載時
 のものです
運転席 スーパー
グラファイト
替えゴム650㎜
(730円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:650㎜
呼番:111
助手席 スーパー
グラファイト
替えゴム350㎜
(670円)
金属レールなし
幅:10.2㎜
長さ:350㎜
呼番:101
リア スーパー
グラファイト
替えゴム305㎜
(490円)
幅:6㎜
長さ:305㎜
呼番:1D


まずは、難航が予想される?リアワイパーから。



リアワイパーは、特殊形状で端っこがこんな形状です。
普通のワイパーみたいに引っこ抜けないので…



こんな感じで端っこを①矢印の方向に引っ張りながら、
②方向に引き抜きます。



ここまで来れば、あとは矢印の方向に引き抜くだけです。



新しいワイパーと比べると、ほぼ同じ形状です。
超強力シリコート替えゴム650㎜を使いました。



取付前に確認。
通すべきツメは水色で囲った4か所です。

右端の赤囲いの所の金属レールが太くなっているので、ココが先端になるように取付します。
左端の緑囲いの所から、ワイパーブレードに通していきます。



最初はこんな風に差し込んで…



ここが、今回のワイパーゴム交換で一番難しい所(笑)

赤矢印の所を軽く左手で押さえながら、
右手で水色矢印の方向にワイパーゴムをスライドさせて入れていきます。

画像右上のNG例のように、爪に金属レールだけでなく、
ゴムも通っている事を確認します。
ちゃんと赤矢印の所を押しながらスライドさせないと、すぐにNG例の通りになってしまいます。

コツを掴むまで難儀しましたが、5分ほどで通せました。



端まで通して完了。
赤で囲った所に、金属レールの太い所がハマりました。
脱落しないか確認して終了です。




ワイパーの拭き具合なんてそう変わらないかなーと思いましたが、
この日の夕方遭遇するゲリラ豪雨でその威力を発揮♪


↓ゴムだけ交換するのが面倒な方は、ブレードごと簡単にどうぞ↓
   運転席      助手席      リア

↓運転席/助手席ブレードは、このアタッチメントが1つずつ、計2個必要です



続いて、フロントです。
運転席側と助手席側は長さが違うだけで同じ手順です。
ココでは運転席側の手順を載せておきます。

まずはワイパーを立てて…



ワイパーブレードの中央部分を良く見ると、こんな感じ。
赤丸のツメを緑矢印方向に押しながらワイパーブレードを外します。



こんな感じでツメを押しながら、ワイパーブレードをフロントガラス方向にスライドさせます。

この時、水色の矢印で示した通り、ワイパーアームと平行にスライドさせるようにします。
青矢印の、ワイパーブレードと平行だと上手く外れません。



少しスライドさせることが出来たら、更にワイパーアームと水平に、
フロントガラス方向にスライドさせます。

ワイパーブレードが外れた勢いで、フロントガラスを突かないように注意です。



外れました。
純正のワイパーブレードは、MITSUBA(ミツバ)製です。



外れたワイパーブレードはこんな感じ。

説明の便宜上、ワイパーを立てた時に上になる方を先端、
下になる方を根元と表現していきます。



ワイパーブレードからワイパーゴムを外します。
ブレードの根元側から、ゴムをつまんで引き抜きます。



最初だけ少し力が必要ですが、あとはスルスルと抜けてきます。



ワイパーゴムが外れたブレード側はこんな感じ。
通すべきツメは4か所です。



外れたワイパーゴムと、新しいワイパーゴムの比較です。
そう、今回の新しいワイパーゴムには、金属レールがありません。

金属レールは、古いゴムから外して新しいゴムに移す必要があります。
古いゴムを慌てて捨てたり、曲げたりしないように注意です。

新しいゴムは、
運転席側:超強力シリコート替えゴム650㎜
助手席側:超強力シリコート替えゴム350㎜
を使いました。

店頭でスタンダードグレードのグラファイトゴムを買う価格で、
ネット注文では超撥水タイプのゴムが買えてしまいます。。。



古いゴムから金属レール2本を外したところ。
曲がっていますが、問題ありません。



金属フレームの両端には、ワイパーゴムの突起に合わせる 切り欠きがあります。
根元側に2か所の切り欠き。



先端側には、1か所の切り欠きがありました。



新しいワイパーゴムの、金属レールが入る溝を良く見ると…
根元側の左右両方に、写真の赤囲いのような突起がありました。
先端側には、どちらにも突起は有りませんでした。

この突起が、金属レールの切り欠きに合わせて、
また、金属レールの曲がり方向が、フロントガラスの曲がりに合う方向に取付します。



新しいワイパーゴムに、金属レールを取付したところ。

金属レールの切り欠きとゴムの突起の事を知っていれば、簡単に取付できます。
ゴムの拭き取り側が、曲がりの内側になるようにします。



ワイパーブレードに取付します。

ワイパーゴムには向きがあります。
根元側には、ワイパーブレードのツメがハマる、ストッパー穴があります。



反対側の先端には、ストッパーがありません。



ワイパーブレードの根元側から、ワイパーゴムの先端側を差し込んで行きます。



ツメは4か所しかありませんし、簡単にスルスルと入っていきますが、
一応、右上の例の通り、ツメに金属レールとゴム両方が通っていることを確認しながら行います。




ゴムのほとんどを通した所。
ストッパーに通すところだけ、少し力が要ります。



赤で囲ったツメを、ストッパー穴に差し込みます。
…とは言っても、簡単です。

赤矢印の方向で、端から押し込めば簡単に入れることができます。



ツメがストッパー穴にハマったところ。

右端部分の、ワイパーブレードの長さと、ワイパーゴムの長さがピッタリ合っています。
再度、すべてのツメに正しく通っている事を確認して、セレナに戻します。



外した時と逆の手順で、ワイパーアームに差し込むだけです。
アームと平行に…



差し込んだら赤矢印方向に力を入れます。



キチンと取付できると、カチッと音がして固定されます。
走行中に脱落すると危険ですので、外れない事を良く確認して終了です。



助手席側も全く同じ手順で交換できます。
拭き具合は、ビックリする位良くなりました。
おおよそ1年くらいで交換した方が良さそうですね。

総費用は、902円+900円+853円=2655円でした。