セレナは自動ブレーキをいつ踏んでいるのか?
その謎を解く(笑)ブレーキインジケーターの取付編です。
準備編からの続きです。




クルマへの取付は、こちら。
BCM(Body Control Module:車両の電装品をコントロールするコンピュータ)
に繋がるコネクタの配線に接続します。

BCMは、助手席のグローブボックス裏に隠れています。
ここのコネクタへのアクセス方法は、コチラの記事を参考にしてください

今回接続するコネクタは、灰色の方だけですが…
茶色のコネクタも外した方が、作業がしやすくなります。

配線保護テープが巻かれていますので、↑の参考記事の通りテープを剥がして配線を露出させます。



目的の配線は、灰色のコネクタを後ろ(配線側)から見て、
コネクタ取り外しボタン?を上にした時、下の段の右から2番目にある、細い白配線です。
右側(運転席側)ストップランプの出力です。

ブレーキを踏んだ時=ブレーキランプが点灯する時に、この白配線に12Vが出力されます。



事前に準備しておいたヒューズ付きの配線のエレクトロタップを、細い白い配線に接続します。



白いエレクトロタップは、外れ防止のため、緑丸のように結束バンドで縛っておきました。
ヒューズ付き配線の反対側のギボシ端子(メス)は、
水色丸部分のように製作したLEDユニット配線の+側のギボシ端子(オス)と接続します。



水色で囲った部分が、BCM配線からの配線と、LEDユニット配線の接続部分です。
赤丸部分で、LEDユニットの配線のクワ型端子をネジに共締めしてボディーアースに接続しています。



灰色のコネクタ配線に接続するため、配線を露出させていたので、戻す前にビニールテープを巻いて…



いつもの保護テープを巻きました。
何度も言いますけど、この保護テープイイですね♪
純正っぽいです。




LEDユニットの配線は、写真の線の感じで通しました。

助手席の前の部分や、オーディオ周りの外し方
写真では外していませんが、運転席の前の部分の外し方は←リンクを貼っておきます。



LEDユニットは、最初こんな感じで取付しようかと思ったんですが…
夏場の昼間でこんな風に結構明るく見える訳で…
暗くなったら絶対眩しいよね…そう思い



あ、取り付け方法は両面テープでペッタンです。
いつもの超強力PREMIER GOLDスーパー多用途[粗面用]



考えた結果、写真の位置に、上向きに。



横から見ると、こんな感じです。
ぎりぎり下に寄せないと、ステアリングの位置により内装と干渉してしまいますので注意です。



ステアリングを一番奥(エンジンルーム方向)で上に持ち上げると、こんな感じ。
こんなので赤い光が見えるのか?と思っていましたが…



実際に点灯させてみると、こんな感じです。
赤丸の中で小さく光っている赤い部分が、LEDの光です。

直接光ではなく、内装に反射して間接的に見えています。



明るい昼間でもちゃんと見えますし、夜でも眩しくなく、丁度よい光り方になりました。

狙い通り、ブレーキを踏んだ時はもちろん、
プロパイロット動作中の自動ブレーキ時にも点灯します。
ブレーキのオートホールド動作中にもLEDが光りますので、ブレーキホールド中であることが簡単に分かります。

使ってみると、とても便利ですし、面白いです。

プロパイロットでのブレーキは、今まではものすごく遅いタイミングでのブレーキだと思い込んでいましたが
実は自分と同じようなタイミングでブレーキを踏むものの、
ものすごく軽く踏んでほとんど制動力のないままでそのまま進み、
前の車両が近くなってから急ブレーキをかける事が分かりました。

コレ、調整できないのかな…最初のブレーキを今の3~4倍の強さでかけてくれた方がイイんだけど…

LEDユニットは、ちょっと改善しようかな…と思っています。
また作業したら報告します…

いつものお願いですが、参考にされる方は自己責任でお願いします。