…またコペンのバッテリーが上がりました。
もう何回目?って思うくらい頻繁に上がっています。
前回のバッテリー交換は、2016年12月。
約半年でバッテリーが上がってはたまりません。




2日以上、充電器で充電を試みてから、電圧測定。
全くスターターが回る気配は有りません。。。
電圧チェック…9.92Vしかありません。

仕方なく、バッテリー交換します。

緑丸のナット(10mm)を外し、水色丸のナット(10㎜)を外さずに緩めれば、
バッテリーを固定している金具が外れます。



交換に使うバッテリーはコレ。
前回は、もうバッテリー上がりは勘弁して!と思いを込めBOSCHを入れましたが、
それでも上がると言うことは、バッテリー側の問題ではない訳で。
日立化成のバッテリーは、税込み送料込み\2770円でした。

普通にバッテリー交換される方は、\3980円ですのでBOSCH製がおススメです。



交換完了。
交換自体は簡単なんですけどね。
その後が問題なわけで…



交換後の電圧チェック。
12.74V。まぁ、こんなもんでしょう。

クルマイジリの時のテスターは、電圧と電流、抵抗値が測れて
↓コスパの良い、こんなのが良いかと思います。




問題の電流値をチェック。
クルマのエンジンをかけず、電装品を使っていない状態での電流値を、暗電流、なんて言います。
この値は、通常10mA程度と言われています。
10mA=0.01Aです。
写真の表示は、0.18Aですので、180mA。
通常の値の18倍です!
これじゃぁバッテリーが上がるのも分かります。



しばらくそのまま観察していると…
0.03Aになりました。
それでも、30mAですから、やっぱり暗電流としては多過ぎ。



そのまま観察していると、やっぱり0.15A=150mAとかになる。
これがしばらく経っても収まる気配が無いんですね。
コペンは多くても週に2回、短距離しか乗らないですし…
根本的に解決しなければ、またバッテリー上がりは目に見えています。。。



常時電源を使っている機器を調べてみると、結構いっぱいあるんですね。
そこで気づいた事。

通常なら、『キーを差し込んだままドアを開ける』
又は『ヘッドライトなどを点けたままエンジンを止めてドアを開ける』と鳴る、
”ピーピーピーピー”という連続警報音が、
キーを差し込んでいなくてもドアを開けると鳴る事が分かりました。
何だこれ!?

色々な機器の配線を外してみては確認したんですが、解決しない。
そして、ドアを開ける事に連動して常時電源を使う機器は…
自作の空冷式(笑)日亜化学LEDを使ったルームランプですね。。。

これを外しました。
一緒に、スパゲッティー状態の配線と、その他機器も取り外し。
ルームランプが一番クサいですが、結局どの機器が問題だったか特定はできていません。
なので、外した機器にはモザイクを(笑)

幾つかの機器を外したことで、ドアを開けた際の警告音は止まりました。
また、写真がありませんが、暗電流も10mA以下に収まりました。

そして、バッテリー交換から約3か月が経過した今日も、
エンジンの始動は全く問題ありません。
やはり、電装品が増えるとトラブルの可能性も増えるのだと痛感しました。
しばらくは、このまま様子を見たいと思います。