2013年に購入した、パナソニック製シェーバー(電気ヒゲソリ カミソリ)
ラムダッシュES-LT20 の電池が、短時間で切れるようになってきたので
電池交換してみました。
ラムダッシュの、他の機種でも同じような手順で分解~電池交換できるようです。

いつものお願いですが、自己責任でお願いします。




4年近く、問題なく動作してくれていましたが、
1週間の出張(5日間)使うと、満充電でも電池が切れるように…
外刃・内刃の寿命もそろそろだし、新品に買い替えても良かったんですが

電池が入手できる↓ようなので交換してみる事に。
お値段たったの\800円程度で復活するとは!



ネジを外したら、この部分を矢印方向に引っ張ると…



こんな感じで外れてきます。



外れました。
中身は細かいヒゲで汚れていたので掃除しながら行います。
ネジが2本見えます。
このネジは、後で外しても大丈夫です。



今度は、黒いグリップ部分を外します。
黒いグリップの端を、①の赤矢印のように左右に軽く広げるような感じにしつつ、
②の緑矢印方向へ持ち上げます。



少し持ち上がったところ。
更に持ち上げて外します。



こんな感じで外れます。
SOFT/LOCK切り替えスイッチが少し引っかかりましたが、
何度か持ち上げたり戻したりしたらそれ程難しくなく外せました。




黒いグリップが外れると、こんな感じです。
8か所にネジが見えますので、全て外します。



ネジは、最初に外した充電端子の所のネジと、
赤丸で示した2か所の計3本が短いネジです。

それ以外の、緑丸で示した所6か所6本が少し長いネジです。



ネジが外れると、本体がパカっと2枚に分かれます。
すぐに分かる所にある、水色の単三電池のような物が、充電式電池です。



電池を手で引っ張ってみましたが、外れにくかったので
写真の通りマイナスドライバーを電池の下に入れて、上に押し出して外しました。




この↑新しい電池に交換すればOKですが、絶対に電池の向き、極性を間違えないでください。
プラス(+)マイナス(ー)両方に、同じような出っ張りがあるので
感覚的に一見どちらもプラス側?と思ってしまいますが、電池の表示を確認して間違えないように!
シェーバー本体側は、充電端子に近い側が、プラス(+)
刃に近い側が、マイナス(ー)です。

電池交換後、充電する前に電源が入るか確認したところ
電源が入らず、ちょっと焦りましたが…
充電後は問題なく動作しました。
これでまた3年位は持ってくれないかな?

作業は全て自己責任でお願いします!