準備編で、エアバックのヒューズとホーンのヒューズを抜いて、確実に電源を遮断したことを確認後、エアバック本体の取外しを実施します。

ステアリング交換の際にも必要な手順です。

※自己流の作業方法で、メーカーの指示と異なっています。
参考にされる方は、自己責任でお願いします。
また、エアバックを外す際には安全に配慮して行い、作業に不安のある方はディーラーに依頼するなどしてください。
作業中に誤動作すると、死亡事故につながる可能性があります。







…一応、事前にディーラーの営業さんにお願いして、ステアリングの外し方マニュアルを入手。
2㎜のヘキサゴンレンチ(六角レンチですね)の、先から32㎜の所にテープを巻いて太くします。
これは、それ以上奥までレンチが入っていかないように、です。

最初、手持ちの六角レンチを使ってみましたが、短過ぎて使えず。
じゃ、別の細いドライバーで…と思ったら太くて使えず。
上の工具を今回のために買いました(^^ゞ



ホーンが鳴らない事、エアバックのヒューズを抜いて15分以上経っている事を確認し、作業を開始します。
エアバックが相手ですので、本当に注意深く行いました。

まずは、ステアリングを右に90度切ります。
ステアリングロックがかかるので、ブレーキペダルを踏まずにエンジンスイッチを押して、解除してから回せばOKです。



ステアリングを回した状態で、ステアリングの裏側(エンジンルーム側)を覗き込むと、こんな『i』みたいな形の穴が空いています。
この、小さい方の穴にテープを巻いて準備した2㎜のレンチを差し込んでロック解除します。



差し込む角度は、こんな感じ。真っすぐではなく、少し傾いて挿入。



横から。
こんな角度で挿入して、矢印方向(下方向)に倒せば、差し込んだ向きが正しければエアバックのロックが解除されます。



レンチの角度が重要です。
正しい角度で差し込んでいれば、レンチを動かす際にはそれほど力が要らず、軽いスプリングを伸ばす感触でスッと動きます。
レンチを下にすると同時に、矢印部分のエアバックの隙間が パコっと広がります。



エアバックの隙間が広がったところ。
エアバックは3か所で留められていますので、ココはコレでOKです。



今度は反対側です。
ステアリングを、真っすぐの状態から左に90度切った状態で、同じようにロックを解除します。
その時の挿入角度はこんな感じでした。
上下の角度は、右に切った時と同じです。

やはり、正しい角度で差し込めれば、軽い力でレンチを押し下げる事ができます。
これで左右のエアバックのロックが解除できました。







最後に、ステアリングを真っすぐにして、下から覗き込みます。
赤丸の穴に、レンチを差し込んで真っすぐ押し込みます。



ココはもう少し太いレンチを使った方がいいかなぁ~?と思っているうちに、簡単にバコっと外せました。



これで左右、そして下側の3か所のロックが外れました。



そーっとエアバックを持ち上げれば…
外せます。

ちゃんと電源は切れているし、滅多なことでは誤作動なんてしないと分かっていますが…
ディーラーからもらったマニュアルにも、
『エアバック正面を避けて作業すること』と記載があるので、おっかなビックリ
焦って寒いのに汗かきながらの作業となりました。
まぁ、それくらい安全に配慮して確実に作業する方がイイかな、とも思うのでした。

裏側に、エアバック用の配線、ホーン配線が繋がっています。

エアバック用の黄色いコネクタが緊張感を高めます(笑)
黄色いコネクタの、黒い部分が抜け止めのロックになっています。
赤丸の所に小さめのテープを巻いて絶縁したマイナスドライバーなどで、黒いロックを持ち上げます。



黒いロックを解除したところ。
こうなれば、黄色いコネクタは引っ張れば外れます。



コネクタが外れたところ。
一応、間違えてコネクタがハマらないように、避けておきました。

右側に見えている、ホーン用の茶色い配線も外します。
こちらは、平型端子ですので引っ張れば外せます。



ホーン配線が外れたところ。
端子の向きが、垂直(?)ではなく中心方向へ曲がっていますので、その方向に引っ張りました。

これでステアリングからエアバックを分離できます。

外したエアバックは、
落としたりしないこと!
異物を挿入しないこと!
分解しないこと!
オイルや水、グリースなどを付着させないこと!
90℃以上の高温になる所に置かないこと!

そして、
置くときは展開方向(NISSANエンブレムの方)を上にして置くこと!
と記載されています。
万が一エアバックが動作した場合を考えると、裏返しに置いたら…
空高く飛んでいく事間違いなしですからΣ(゚Д゚)守りましょう。。。



エアバックが外れた、ステアリング側です。
赤丸の向こう側に見えているスプリング?が、エアバックを外す際にレンチで引っ掛けて引っ張るものです。
この位置が分かれば、少しはやりやすいでしょうか?

ステアリングを外すには、真ん中のヘックスローブネジを外せばOKです。
…今回は、ステアリングを外さずに作業したため必要ありませんでしたが、このネジは一度外すと再使用不能とされています。

ステアリングを外す際には、事前にディーラーでボルトを購入しておく必要があります。
部品番号:48935-00Q0B
おそらく数百円で購入できると思います。

次は、ステアリングスイッチユニットの取外しです。