エプソンのインクジェットプリンター、 EP-710Aを使っていますが、
インクの残量が無くなったので 安く詰め替えをしてみました。




エプソンのインクジェットインクは、インク残量検知ICチップが埋め込まれており、
それをリセットしなければ インクを補充してもプリンター側で残量ゼロと認識されて使用できません。

最初にこれをリセットします。
通称リセッターを使います。

by カエレバ

 



USBケーブルは付属していませんでした。
普通のプリンター用が使えます。



端子が並んでいるだけの、シンプルな作りです。



USBケーブルは、電源供給だけのために使いますので、充電用USBに繋げばOK。



残量が低下した旨表示されたプリンター。
こうなると、全く動かないです。
純正インクは、ITH-6CL イチョウ が適合ですが、お値段なんと約5000円。



詰め替えですから、純正のインクジェットカートリッジに、インクを補充します。
純正インクカートリッジを外して…



写真ではUSBケーブルが外れていますが、きちんと接続して電源供給した状態で、
写真のような角度でリセッターに挿入します。
LEDが、赤点滅から緑点灯に、ほんの数秒で変わればリセット完了です。
詳細な手順は、動画をご参照ください。



インクを補充する前に、キッチンスケールで重さを管理。
約15グラムのようです。




インクは、100円均一、ダイソー製の
エプソン用詰め替えインクです。
染料インクで、他のプリンターにも対応しているようです。
対応表はメーカーのページにあります。



ちゃんと説明書も付属しています。
この手順に沿って進めました。
インク自体は、ジャバラのスポイトに入っていて、先に滴下用の針が付いています。
また、詰め替えする時に手を汚さないためのビニール手袋、
インクカートリッジによっては必要となる、ゴムキャップがセットになっています。

100円とはいえども、なかなかちゃんとしています。


説明書はこんなのです↓






染料インクは、手や床などに付着すると まず落ちないので…
新聞紙を敷いてから手袋をして補充しましょう。

カートリッジを逆さまに置いて、赤で囲った吐出口に、
ポタポタとインクを垂らして吸わせていきます。



動画を見て頂ければ分かる通り、盛大にこぼしましたが…
ポタポタ垂らして、インクを吸い込まなくなるまで追加します。
意外に時間がかかる地味な作業です。。。



インクを吸い込ませたら、吐出口の周囲にある余分なインクをキッチンペーパーなどで軽くふき取りました。



満タン?になったら、重さを再度チェック。
23~25グラム近くまでは補充できるようです。



プリンターにインクカートリッジを戻すと…
リセッターでICチップをリセットすると、純正カートリッジでも非純正品を認識され こんな画面が。



プリンターにバレてるけど、そのまま使いますよ、と。
自己責任で。

by カエレバ

 



ちなみに、パソコンからプリントをしようとすると、パソコン側でもこんな画面が。
超高級な純正インクカートリッジを使わないと、保証が効かなくなるよ、と警告。
しかも、純正じゃないインクカートリッジを使った事がプリンターにログとして記録されるようです。
くれぐれも、自己責任で。

インクを詰め替えたカートリッジでも、tacomaが見る限りはかなり綺麗に印刷できています。
超高画質な写真なんかを印刷する用途じゃなければ、これで良いような気がしています。