エンジンルーム内で、アクセサリ電源(セレナの場合はIGN(イグニッション電源))が必要になり
室内からエンジンルームまで通線するのは大変なので、こんな方法で電源取得しました。




実は、普通に配線をエンジンルームから室内に通して電源取得しようとしましたが…
通せそうな穴が見当たらずに断念。
情報検索していると、使用していない室内のコネクタとエンジンルームにあるコネクタが導通しているとのこと。
どうもオプション装着時に使用するため、最初から通線してあるみたいです
これを使います。

まずは室内から。
グローブボックスと、その上にある棚を外します。
外し方はコチラコチラから。

赤丸の所に、目的のコネクタが隠されています。



近づいてみると、こんな感じ。
四角いコネクタが入っていそうな膨らみがあります。
ココの黒いビニールテープを、注意深くカッターで切って剥がすと…



白い3Pコネクタが出てきます。



この3Pコネクタには青、赤、緑の3本の配線が来ていて、それぞれ以下の通りです。

:エンジンルーム内の茶色2Pコネクタの、青配線と導通(繋がっている)
:エンジンルーム内の茶色2Pコネクタの、赤配線と導通(繋がっている)

:エンジンルーム内の黒色1Pコネクタの、緑配線と導通(繋がっている)

↓のコネクタセットを使うなら、↑の配線色は意識する必要が無くなり便利です。



室内とエンジンルームにあらかじめ配線が通っているわけですから、そこに希望の電源や信号を繋げば簡単にエンジンルームに出力できるんですが…
室内側のコネクタはまだアクセスしやすい場所にありますが、エンジンルーム内のコネクタの場所がヒドイ(笑)
おそらく、バンパーを外してアクセスする(またはリフトアップして?)事を想定していると思います。

なので、接続を簡単にするために事前に適合するコネクタをオークションで入手しました。
室内側に使う3Pコネクタ、エンジンルーム用の茶色2Pコネクタ、黒色1Pコネクタ
3個のコネクタがセットになっていました。
ヤフオクで、『C27 電源引き込み』などと検索すれば見つかります。

…これが無いと、エンジンルーム側の繋ぎこみはかなり困難です。



まずは室内側のコネクタをパチッと。
ここから出ている3本の配線(赤/黒/黄)に、エンジンルーム側に出力したい希望の電源や信号を接続します。

この白色3Pコネクタから出ている、 配線に繋いだ電源や信号を、エンジンルーム側の茶色2Pコネクタから。

室内白色3Pコネクタから出ている、 配線に繋いだ電源や信号を、エンジンルーム側の黒色1Pコネクタの黄配線から取り出すことができます。



どの色に何を繋いでも良いわけですが、一応以下の通りとしました。
黒:ボディーアース
赤:アクセサリ(IGN/イグニッション)電源
黄:今回は使用しないので、何も接続しない(接続例として、イルミネーション電源など)

コネクタの配線は約250㎜程度で足りなかったので、延長してクワ型端子を付け、緑丸の所でボディーアースに接続しました。



同様に赤配線もギボシ端子を使って延長して、アクセサリ(IGN/イグニッション)電源に接続しました。

ギボシ端子の使い方はコチラから



配線の取り回しはこんな感じ。
他にも配線が多すぎて良く分からないですね…



今回使わなかった黄色の配線には、こんな風にマーキングタイを付けておきました。



後日、簡単に使えるよう、引っかけておきました。
おそらく、イルミネーション電源か何かを繋ぐ事になりそうな予感です。




いよいよ?エンジンルーム側に着手します。
エンジンルーム側のコネクタは、サブバッテリーの右側(助手席側)の、緑で囲った辺りの奥にあります。
一応、エアダクトを外した方が簡単そうだったので外してあります。
エアダクトの外し方はコチラ



茶色の2Pコネクタは、ここにあります。
左上に写っているのが、サブバッテリーの端です。
結構手を突っ込んでごそごそして見つけた感じです。
助手席側ヘッドライトの下辺り、でしょうか。



この茶色のコネクタには、赤、青の配線が来ており、室内の白色3Pコネクタの赤、青配線と導通(繋がっている)しています。



事前に購入していた、エンジンルーム用茶色2Pコネクタを接続したところ。
コネクタをはめるだけでも結構難しい感じでしたので、ここのコネクタを切り飛ばしてギボシ端子を付けるなんて無理に近いと思えます。



もう一つの黒色1Pコネクタは、赤丸の所です。
茶色のコネクタが緑丸の所に見えているので、位置関係が分かるでしょうか。
写真では結構上に出ているように見えますが、黒色1Pコネクタの方がよりアクセスしにくい場所にあります。
今回はコチラの1Pコネクタは使いませんが、せっかくなので購入したコネクタを接続しておきます。



エンジンルーム用黒色1Pコネクタを接続したところ。
これで、室内から希望の電源や信号をエンジンルーム内に引き込む事が出来ました。
今回は、アクセサリ(IGN/イグニッション)電源とボディーアースですが、他のイルミネーション電源なども引くことができます。

さぁ、これでアレが付けられます♪