パナソニック ヘアアイロン 断線した電源コード新品交換 ワンコインで簡単修理!完全手順

その他


↑今回も動画作業は全て動画にまとめてあります。
 チャンネル登録もよろしくお願いします。

 

 


2024/5/19頃、奥様より「ヘアアイロンの電源が切れる。早く直せ!」と指令。
ここが引き千切れているのですねー
我が家の奥様ほどパワーの無い…普通の奥様がお使いになっても、
同じような故障はとても多いと思います。

電源コードの向きにより、電源が入ったり切れたり。
電源コードを触らなくても、勝手に電源が切れたりします。


 


電源コードが切れている事が分かったので、いつもなら断線部分でケーブルを切って…
配線をハンダ付けや圧着端子で繋ぎなおすのですが…

その方法だと、電源コードが本体の根元でクルクル回転する機能が無くなってしまいます。
→またすぐ壊れる…って事で、他の方法を検討。


 


パナソニック純正の電源コードを購入。
届いてビックリ、色が灰色じゃなくて黒でした。まぁいいか…
今回修理したのは、EH-HS99ですが、他の機種も以下の通り適合しています。

価格(税・送料込)

品番・型番コードの色
1051円EH-HS9Eブラック
1051円EH-HS9Aブラック
1051円EH-HS99ブラック
1051円EH-HS97ブラック
1051円EH-HS95ブラック
1051円EH-HS80ブラック
1051円EH-HS70ブラック
1380円EH-HS0Jグレー
1380円EH-HS0Eグレー
1380円EH-HS0Jブラック
1380円EH-HS0Eブラック
1050円EH-HS9Jブラック?
1600円EH-HS0EKブラック?
1050円EH-HS40ブラック?

※品番の後に、「-W」や「-K」が付くものもありますが、
 これは製品の色を表すもののようです。「-W」「-K」などの前の品番が
 合致すれば、適合すると思われます。…自己責任で。


 


電源コードは、注文から約4日で届きました。
ワタクシが注文した時はセール中で996円、クーポン利用で498円でした!
グレーのケーブルが適合するとの情報もありますが、未確認です。

交換作業に入ります。
コンセントが抜けている事を確認して…


 


このハサミ形状の根元にある、丸いパーツを後ろから見ると…
このような隙間があります


 


その隙間に精密ドライバーを差し込んでコジれば…


 


丸いプラスチックパーツが外れます。


 


丸いパーツの下に、ネジが出てくるので外します。


 


ネジが外れると、ヘアアイロンの反対側にある丸いパーツもスポッと抜けます。


 


これでハサミの形状になっているヘアアイロンの根元の部分を分解できます。
少々固くハマっていたので、ヘラを使って上下に分解しました。


 


上下にズラして分解しますが、この部分には配線が通っていますので注意して行いました。


 


ネジが4本あるので、外します。


 


赤く囲った部分、ロック部分のパーツを外さないと分解できないのですが…
このパーツを外すのが難しかった上に、外せはしたものの…
ロック部分のパーツを割って壊してしまいました。


 


ヘラでコジって外したパーツの裏側は、こんな感じ。
赤囲いの突起が、青囲いのレールにハマっていました。


 


ロック部のパーツは、赤矢印の通り上方向にズラしつつ、
青矢印のように上側から持ち上げるようにすると上手く外せるような気がします。
自己責任で。


 


ロック部が外せると、ネジが2本出てくるので外します。


 


ちなみに、赤丸にあるU字型の金具も外れます。
意図せず外れての紛失に注意です。

ヘラを差し込んで、本体を分解しました。


 


本体内部はこんな感じ。
電源コードを外せれば良いので、必要最小限の隙間を開けて
コードを矢印方向に抜き取ります。


 


電源コードは差し込んであるだけで、特に固定されていません。
スポッと簡単に抜けてきます。


 


準備した新しい電源コード(黒)と古い電源コード(グレー)を比べてみました。
色は違いますが、コネクタ形状は同じでした。


 


新しい電源コードを取付します。
透明なカップ形状のコネクタに、電源コードを差し込むだけです。
出来れば接点グリスを少量塗布しておくと良いでしょう。


 


コネクタにコードを差し込んだら…


 


コネクタを本体側の元の位置に収納。
簡単に、入るようにしか入りません。


 


本体を元通り、逆の手順で組み立てれば完了です。


 


…壊してしまったロック部は、ダメ元で修理にチャレンジ。
赤丸のところに、右上に見えている小さな破片を接着します。
瞬間接着剤を少量塗り…


 


破片をペタッと貼り付け。
意外な事に、結構ちゃんと接着出来ました。
そっと本体にはめ込んでおきました。
修理後2週間が経ちますが、今のところ壊れず使えています。


 


修理完了です。
電源は問題なく入り、電源コードを引っ張ったり回したりしても問題ありません。
498円で、作業時間20分ほどで電源コードは新品になりました。
また数年使い続けられそうです。
本体の根元で電源コードがくるくる回る機能もそのままなので、
使いやすさもそのままに復旧出来ました。


 


修理するのも安くてエコですが、故障を機会に買い替えるってのもアリかも。
今は安くてコードレスのものもあるんですね!
作業は全て自己責任でお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました