健康診断で医師からアルコールによる肝臓の数値の指摘が入っていても、
毎日飲まずにはいられませんでした。

少し飲み過ぎると、夜中に目が覚めて体がダルく、
明日は飲まないでいよう、と思ったり、
朝起きてもスッキリしない事もあり、今晩は飲まない!

そう誓った事も多々ありました。

しかし、やっぱり夜になると、”飲まない”なんて選択肢はどこかに
吹き飛んでしまうんですね。。。
仕事が済んで、風呂上りに飲むビール(もどき)はやっぱり美味しかった。
ほんとにこれの繰り返し。
全く進歩しないな、俺ってダメ人間だな、そう思う毎日でした。

ワタクシの場合、幸い?ほとんど家飲みでした。
外で飲むことは、月に1回、あるかないか。
家計的にも、これじゃなければやっていけないですし、
飲んだら体がダルいので、帰るのが面倒、家ならすぐに寝られる
というのもその理由でした。

ですから、家の冷蔵庫には必ず第三のビールとサワーを常備。
家に無いと聞けば、仕事帰りに自分で買って帰る日々でした。
帰宅してからお酒が無いことに気づけば、夜遅くても車で買いに走る徹底ぶり。

嫁も、少し飲む量を減らせと言いましたし、
分別つく年齢になりつつある子ども(4歳と6歳)からも、
『パパお酒飲み過ぎー!!』と時々言われ…

分かってるんだけど止められない。
アルコール依存症ってこんな感じなのかな、と自覚するまでに…
たまに、仕事で飲めない日があると、辛くて、いてもたっても居られなくて…

でも、今は飲まなくても平気なんです♪