Let’s Note CF-NX2 SX2 などの機種で、SSDの通信速度をSATA2.0からSATA3.0にするための作業です。
SATA速度制限解除 とか、SATA3.0開放 なんて呼ばれているようです。

編集して作成した新しいBIOSファイルを、パソコンに書き込みします。
前の記事はここにあります。

この記事は、5部構成です↓
①BIOSファイルの取得
②編集ファイルの取り出し
③ファイル編集
④編集したBIOSを作る
⑤新BIOSの書き込みとSATA設定(このページ)



↑書き換えの時の動画を作りました



最初にBIOSファイルを取得した手順で使用した、AMI Firmware Update (AFU) を使います。
アプリを立ち上げると、上の画面となります。

『Open』を押します



読み込むBIOSファイルを聞かれるので、新しく編集したBIOSファイルを指定し、『開く(O)』を押します



上の画面になるので、
☑Do Not Check ROM ID にチェックを入れてから『Flash』を押します



スクリーンショットが撮れなくなります。。。
灰色のタイル状のブロックが水色に変化していきます。
BIOSファイルの中身を読み込みして、全て水色に変われば完了です。



To ensure that no other program interferes with the BIOS update process,
it is highly recommended to close all other programs before continue.

他のプログラムがBIOS更新プロセスに干渉しないようにするには、
続行する前に他のすべてのプログラムを閉じることを強くお勧めします。

と、ポップアップウィンドウで警告されますので、他のプログラムは終了させます。

この後、BIOS ROM内のファイルが 消去→書き込み→照合 されます。
くれぐれも、途中で電源を切ったりしないよう、
バッテリーを確実に繋ぎ、
ACケーブルを確実に繋ぎ、コンセントが抜けていないか確認します。

もしも、BIOSファイル書き換え中に電源を切ったり、
AMI Firmware Update (AFU)のアプリがフリーズした場合、
パソコンが立ち上がらなくなる危険性があります。
十分注意して、また自己責任で作業を進めてください。

心の準備も整ったら、
『OK』を押します



マウスも無反応となります。
灰色のブロックが、白く変化していきます。
BIOS ROM内の 古いBIOSを消去中です。



白くなったブロックが、赤く染まっていきます。
BIOS ROMに 新しいBIOSを書き込み中です。



真っ赤に染まったブロックが、今度は黄緑色に変化していきます。
書き込んだ 新しいBIOSファイルに誤りが無いか、照合中です。



すべてのブロックの照合が終わると、新しいBIOSの書き込みが終了します。
マウスの反応も戻ります。

慌てず、数分待ってから、『Exit』を押してAMI Firmware Update (AFU)を閉じます


ここで、一度パソコンをシャットダウンします

『再起動』ではなく、『シャットダウン』してから
再度電源を入れる事により、新しいBIOSが読み込まれるようです。



電源を入れたら、編集したBIOSがきちんと設定できるか確認します。

以下はUEFI起動の場合を例にしています。
(通常のBIOS起動の場合は、電源を入れた直後に『F2』キーを連打する事により、BIOS画面を起動できます)

画面左下の、『Windowsボタン』を押し、次にすぐ上にある『設定』を押します



Windowsの設定画面で、『更新とセキュリティ』を押します



Windows Update画面で、左側の『回復』を押します



回復画面で、PCの起動をカスタマイズする の下にある、『今すぐ再起動』を押します



オプションの選択画面になるので、『トラブルシューティング』を押します



トラブルシューティング画面で、『詳細オプション』を押します



詳細オプション画面で、『UEFI ファームウェアの設定』を押します



UEFI ファームウェアの設定画面で、『再起動』を押します



パソコンが再起動して、BIOSの画面になります。

通常は表示されない、デバッグ と、チップセット が増えています。



『→』右矢印を押して、『デバッグ』タブを選択し、
『↓』下矢印を押して画面のかなり下にある、『SATA Configuration』を反転させ、『Enter』を押します



上の画面になるので、『↓』下矢印を押して『SATA Controller Speed [Gen2]』が選択された状態で『Enter』を押します



『SATA Controller Speed』設定画面が開きます。
現状では、『Gen2』=SATA2.0となっています。



『↓』下矢印を押して『Gen3』=SATA3.0を反転表示させたら、『Enter』を押します



『SATA Controller Speed [Gen3]』に表示が変わっている事を確認します。



『Esc』を押して、『SATA Configuration』を抜けます。
『←』左矢印を2回押して、デバッグタブから、終了タブに移動します。

デフォルトで『設定を変更して再起動』が選択されているので、『Enter』を押します



設定の変更を保存して終了しますか?
と確認が入るので、『はい』を選択して『Enter』を押し、再起動させます。

これで、新しいBIOSにより、SATA2.0動作だった、NX2 や SX2は、SATA3.0での動作となっています。



SATA2.0動作↑

Crystal DiskMark 7.0.0による、速度比較です。
CRUCIAL MX500 250GB SSD(CT250MX500SSD1/JP)



SATA3.0動作↑

物凄く数値がアップしています♪
電源を入れた時の起動時間も早くなるかな~と比較してみましたが、
元々が10秒程度で早すぎる(?)ので顕著な差は出ませんでしたが
SATA3.0で最新のノートパソコンにも迫る速度。

これでまたしばらくはNX2を使い続けられそうです。

参考にされる方は、全て自己責任でお願いします。

この記事は、5部構成です。
全ての記事は↓からご確認ください。

①BIOSファイルの取得

②編集ファイルの取り出し

③ファイル編集

④編集したBIOSを作る

⑤新BIOSの書き込みとSATA設定