Panasonic CF-NX2 SX2高速化~SATA3.0化~①BIOSファイルの取得

パソコン・スマホ


今でもワタクシの現役サブマシンとして重宝している
Panasonic CF-NX2。

このマシンを高速化する方法があると、今頃知りました。
”パソコンの高速化”と一言で言っても、色々な方法がありますが…
今回は本来SATA2.0で動作するこのパソコンをSATA3.0で動くようにする
と言うのが目的です。
SATA速度制限解除 とか、SATA3.0開放 なんて呼ばれているようです。

SATA3.0化することにより、SSDとのデータ転送速度が理論値では2倍になりPCの動作速度が上がると思われます。
パソコンの搭載ストレージが、HDDの場合は効果が出にくく、SSDの場合は理論値に近いスピードが出るようです。

この記事は、5部構成です↓
①BIOSファイルの取得(このページ)
②編集ファイルの取り出し
③ファイル編集
④編集したBIOSを作る
⑤新BIOSの書き込みとSATA設定


念のため、最初に書いておきますが…
作業手順はそれほど難しくないと思いますが、
作業内容はBIOSの書き換え作業を伴いますので結構ハイリスクです。
失敗すると、パソコンが立ち上がらなくなる可能性があります。
そうなるとメーカーや業者さんに修理に出すしかなくなります。

この手順でSATA3.0化出来ることを確認済みですが、環境や機種、設定で違うかもしれません。
いつものお願いですが、この記事を参考にされる方は
全て自己責任で(何が起きても自分で責任を取る)お願いします。
また、ご質問頂いてもお答えできないと思います。ご了承ください。

ワタクシの作業環境(確認した機種)は以下の2台です。
CF-NX2AWGCS
CF-SX2ADGCS

NX2、SX2以外に NX1、SX1などでも同様にSATA3.0化が可能なようです。


先に作業の効果を載せておきます。

SATA2.0動作↓(INTEL SSD128G)

SATA3.0動作↓(INTEL SSD128G)

素晴らしい数値が出ています♪

後で↑250GBSSDに入れ替えましたが、250GBの方が さらに早いです!


作業に必要なものはこれだけです。

1.CF-NX2 又は CF-SX2本体
2.インターネット環境
3.自己責任で作業を行う勇気

ワタクシもそれほどPCに詳しくなく、詳細は分からず作業しましたが手順を間違えなければ大丈夫でした。
必要だった手順を詳しく載せてみます。

おおまかな手順としては、
いまパソコンに入っているBIOSファイルを抜き出す

BIOSから必要な部分を抜き出す

抜き出した部分を編集する

編集した部分をBIOSに組み戻す

編集したBIOSをパソコンに書き込む

となります。
何度か実施して慣れると、20分くらいで出来ますが
ハイリスクな作業ですので十分確認しながら進めてください。


最初に、いまのBIOSを抜き出すためのツールを準備します。
AMI Firmware Update (AFU) と言うツールです。

ここ↓のURLにアクセスします。
https://ami.com/en/products/firmware-tools-and-utilities/

上記画面の、赤で囲った部分『UEFI/BIOS Utilities』をクリックします。

念のため…リンク先は、↓ここになります。
https://ami.com/en/products/firmware-tools-and-utilities/bios-uefi-utilities/


リンク先で、少し下にスクロールして、上記の画面を見つけます。
AMI Firmware Update Utilities:
『APTIO V』『APTIO 4』『AMIBIOS 8』の中の
赤で囲った部分『APTIO 4』をクリックします。

念のため…リンク先は、↓ここになります。
https://ami.com/en/download-license-agreement/?DownloadFile=Aptio_4_AMI_Firmware_Update_Utility.zip

リンク先で、下の方にスクロールして、上記の画面を見つけます。
□I’m not a robot の、̻□をクリックして☑チェックを入れた後、下にある『Submit』を押します。


画面左下に、『Aptio_4_AMI_Firmware_Update_Utility.zip』のダウンロード通知が出ます。
ZIP形式で圧縮されたファイルで、ファイルサイズは6,007KBでした。


ダウンロードされたファイルは、PC → ダウンロード フォルダにあります。
ZIP形式で圧縮されていますので、ファイルを右クリック→すべて展開を選択して展開しておきます。
展開されたフォルダ内にも、さらにZIP形式で圧縮されているものがあるので同じ手順で展開します。


ファイルが展開できたら、以下のフォルダをたどります。
PC → ダウンロード → Aptio_4_AMI_Firmware_Update_Utility → AMI AFU For Aptio 4 → afuwin → 64 → afuwin64 → AfuWin64

このフォルダの中にある、
AFUWINGUIx64.exe
をダブルクリックして実行します。

『ユーザーアカウント制御』
『この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』
と表示されるので、『はい』をクリックします。


AFUWINGUIツールが立ち上がります。
すでに、NX2のBIOSを読み込んでいますので、赤で囲った『Save』をクリックします。


保存先を聞かれるので、保存先を適宜指定して、ファイル名も後で分かるよう変更して、右下の『保存』を押します
上の写真では、ファイル名『NX2_BIOS_old.rom』とし、
保存先は デスクトップ → BIOS フォルダとしました。

この『NX2_BIOS_old.rom』ファイルが、今のNX2のBIOSそのものです。
この後の編集作業にも使用しますが、パソコンをもとの状態に戻す時にも必要となりますので厳重に管理してください。
他のパソコンや、SDカードなどNX2/SX2以外の場所にも保存をお勧めします。


『保存』を押すと、上のようなタイルが並んだような画面に変わり、マウス操作が効かなくなります。
そしてグレーの四角が、左上からパラパラと水色に変わっていきます。

上の写真のように、全ての四角が水色に変われば、BIOSファイルの取得が完了です。
急がずにちゃんと終了しているか確認してから、右下の『Exit』を押してツールを閉じます

これで、編集するBIOSファイルを取得できました。

続きはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました