雨の日にエンジンをかけると、エアコンから何とも言えないカオリが…( 一一)
セレナ購入から、約3年。
初めてエアコンフィルター(クリーンフィルター)を交換しました。

C25セレナ、C26セレナ、C27セレナほぼ共通の手順で交換作業が可能。
エアコンフィルターの形状も、C25、C26、C27とも共通です。
また、このフィルターはJ10デュアリス、B30ラフェスタ、T31エクストレイルにも適合するようです。



まずはグローブボックスを外しておきます。

グローブボックスの外し方はコチラ
外さなくても交換作業は可能ですが、外した方が結果早いと思います。

助手席足元右側の、赤で囲ったパネルを外します。



ココに、クリップが1つありますので外します。



ここのクリップは、プラスのネジみたいな形になっています。
プラスネジを反時計方向に90°回して浮かせますが、単純に回すとクリップ全体が回ってしまって外れない事があります。
その場合は、◎(二重丸)になっているクリップの、外周部分(①の部分)を押さえて回らないようにしておいてからプラスネジ回します。
すると、②のようにネジ部分のみ浮いてくるので、この状態で引き抜きます。
抜けたクリップは③のような形状で、この形の時は抜き差しが出来ます。

クリップを戻す時は、③の形のまま穴に差し込んで、浮いているアタマの部分を押し込めば固定されます。
アタマを押し込むと、④の形になり、穴の中で先端が太くなって抜けなくなります。



クリップが外れたら、パネルを外します。
緑丸辺りにクリップ、水色丸辺りに位置決めの突起があります。
写真の位置くらいに指をかけて、手前に倒すような感じで引っ張れば、難なく外れます。



外れたパネルの裏側と、クリップの位置関係はこんな感じ。



こんな感じで、緑丸の所のクリップは、一応固定機能があります。
水色丸の所のクリップは、斜め上から差し込まれているだけで固定機能はありません。



パネルが外れると、奥に黒いエアコンフィルターのフタが見えてきます。



黒いフタの下側の、ここに手をかけて、手前…助手席側に引っ張ります。



ポロっと簡単に外れます。
外れたパネルの裏側はこんな感じです。
緑丸の所を引っかけて、下の赤丸部分で止まっている感じですね。



ですので、この下側の赤丸の所に指をかけて、若干下に引っ張りながら矢印方向、クルマでは助手席側に引っ張ればOKです。



フタが外れると、フィルターの側面が丸見えになります。



指が入りそうな隙間はありませんが、フィルターの上端に指を突っ込んでフィルターをつかんで引っ張り出しました。
古いフィルターは破棄するので、曲がってもイイんです。



フィルターの端が出てきたら、あとはまっすぐ手前…助手席ドア方向に引っ張れば抜けてきます。



約3年間無交換だったフィルターの汚れ。
思ったよりも汚れてないなーと思ったのですが、フィルターの奥はこんな感じ。
このホコリに水分含んで、ニオイの原因になっていたんですね。



今回、新しく用意したフィルターはコチラ。
クリーンフィルター AY684-NS009

ディーラーで”同じものを”と注文して、¥2268円(税込)でした。



新旧並べてみる。
明らかにモノが違うんですけど…
元々付いていたフィルターは、グレーで活性炭入りっぽい。
新しいフィルターは、真っ白。

そして、そのヒダ(山)の数も新:33山旧37山と違います。

33÷37≒0.89なので、新しいフィルターの面積は元々付いていたフィルターの約90%ほどの大きさに小さくなっているという事。
フィルターって個人的には面積だと思うので…なんだかなー
ディーラーさん、新車納入時に付いていたフィルターと今回発注したフィルターが違う事を認識しているんでしょうか。。。

調べてみると、↓元から付いているフィルターは多分コレ(AY685-NS009)???
におい、アレルゲンにも対応となっています。

お値段も高いけど、元と同じのが良かったな…
Amazonで買った方が安いし、自分でちゃんと確認が必要という事ですね。



旧フィルターでは、【AIR↓】の表記なのに対し、
新フィルターでは、【UP↑】の表記でした。



【UP↑】の表記の通り、矢印を上に向けた状態で、印字のある側が手前(助手席側)
反対側が、奥側(運転席側)になります。



向きを間違えないようにフィルターを準備したら、添付の説明書に記載のある通りですが、写真のようにフィルターの真ん中あたりを上下方向に潰して持ちます。
こうする事で、フィルターの左右の端が曲がり、高さ方向の幅が少し低くなります。



この状態もままで、車両のフィルター取付位置に差し込みます。
フィルターを潰さないと、高さ方向の幅が当たってしまい、入りません。



入るところまで、フィルターを挿入したところ。
赤四角の所はちゃんとフィルターが入っていますが、緑四角の所はハミ出しています。

このままではキチンとフタが出来ないので、黄色四角辺りを左手で つまんで少し引っ張りつつ、緑四角の所を右手で押し込みました。



フィルターが定位置に収まりました。
新しいフィルターの端は曲げるとエア漏れの原因となりますので、あまり力を入れ過ぎないように。
とは言っても、簡単に入れる事が出来ました。



フィルターのフタを戻します。
外した時と逆の手順で、上側を先に引っかけてから…



下側をハメました。
あまりカチっとハマった感は無いですが、ちゃんと固定されている事を確認できればOKです。



フィルターに、交換時期を表示できるシールが付属していましたので、記入してパネル裏に貼り付けました。

令和元年8月18日、走行距離18417km
1年または12,000km走行時の交換が推奨されています。



パネルを元に戻し、クリップで留めればフィルター交換完了です。
エンジン始動直後の、イヤなニオイも無くなり、快適です。


よーく調べると、フィルターにはプレミアムタイプ(AY686-NS009-01)もあるんですね。
エアコンフィルターを選ぶ時には以下を参考に。
適合は、念のためご自身でも確認の上でご購入ください。
事前に種類がある事を知っていたら、プレミアムタイプにしたのになー(‘_’)

【安く済ますなら】
クリーンフィルター (AY684-NS009)
(花粉・PM2.5対応)
約2000円

【におい、アレルゲン対応なら】
クリーンフィルターにおい・アレルゲン対応(AY685-NS009)
(花粉・PM2.5・におい・アレルゲン対応)
約4000円

【フルスペックなら】
クリーンフィルタープレミアムタイプ(AY686-NS009-01)
(花粉・PM1.0~2.5・におい・アレルゲン・抗ウィルス対応/ビタミンC放出)
約5300円

エアコンフィルターは、C25セレナ、C26セレナ、C27セレナ共通です。
また、J10デュアリス、B30ラフェスタ、T31エクストレイルにも適合するようです。
参考にされる方は、すべて自己責任でお願いします。