ZenFone5Z バッテリーDIY交換~バッテリー交換編~

パソコン・スマホ


購入から約3年を経過した、
ASUS Zenfone5Z(ZS620KL)のバッテリーを自分で交換してみました。
Zenfone5 (ZE620KL)でも同様の手順で交換作業が可能です。

バックパネル取外し編 からの続きです。


 


↑すべての手順を動画にしてあります。是非~


 


バックパネル取外し編の作業を経て、写真の状態になったZenfone5Z。
赤で囲った2か所のコネクタを外します。

指紋センサ―の配線コネクタ同様、少し持ち上げる感じにすると簡単に外れます。
黒い太い配線は、バッテリーの取外し/取付の邪魔にならないよう、矢印の方向に避けておきます。


 


バッテリーの取外しです。
バックパネル取外しに続く、この作業の第二の難関です。}

バッテリーは、裏面にある両面テープ(赤囲い部分)2か所で本体に貼り付けられています。
これをイメージしつつ、取外しに挑みます。


 


バッテリーを固定している両面テープの片方は、赤で囲った部分を矢印方向に引っ張り抜く事で除去できるとの事。
意を決して引き抜こうと、黒いテープ部分を持ったところ…


 


パリッという感触と共に、バッテリーが浮いてきました。
両面テープが強力に貼り付いているとの事前情報で尻込みしていましたが、非常にラッキー?です。

簡単にバッテリーを外す事が出来ました。


 


バッテリー固定用の両面テープ(赤囲い部分2か所)は無傷で残りましたので、今回はこのまま再利用する事としました。
交換が必要であれば、こんなのが良いかと思います。


 


新(左:互換品) 旧(右:純正品)のバッテリー比較です。
大きさはもちろん同じ感じ、厚さもほぼ同じ。
コネクタ部分も、小さくて見えないけど…同じように見えます。

今回使ったのは、ROWA JAPAN製の互換バッテリーで、
設計容量が 純正品:3300mAh に対し

互換品は:3100mAh と少し少ないです。
ただ、お値段なんと¥1738円(税送料込)と超お得なお値段です。


 


バッテリーの裏面はこんな感じ。
新(左:互換品) 旧(右:純正品)

互換品は、あらかじめ固定用の両面テープが貼られている親切設計。
今回は、固定用両面テープは再利用できるので、厚さを抑える意味でこの両面テープは剥がして使用しました。


 


新しいバッテリーを取付します。
バッテリーは、固定位置に入れ込む前に端子を先に接続します。
赤で書いたのでお分かりかとは思いますが、ココ重要です。

先に固定位置にバッテリーを固定してしまうと、配線コネクタを接続するのが超難しく…
場合によっては、繋ぐことが出来ない場合もありそうです。

また、互換品を使ったからだとは思いますが、やはり配線コネクタのハマり方が
純正品と比べると「カチッ」と決まりません。
なんかこう…「グニッ」って感じで、コレで本当にいいの?と思うような感触でした。
予算が許すのなら、少々高くても純正品を使った方が良さそうです。
コネクタのハメ方は、上に置いたら押し込むだけで簡単です。位置合わせが難しいですが。

コネクタが確実に繋がったら、バッテリーを固定位置に入れ込み両面テープで固定します。
黒い太いケーブルのコネクタも、元通りに接続します。


 


バックパネルはまだまだ 後で閉めるのですが、この時点でバックパネル固定用の両面テープを貼ってしまいましょう。

…ワタクシ、両面テープを後で手配したので、指紋センサ―を繋いだ状態で両面テープを貼り付けるハメになり、かなり作業がやりにくくて苦労しました。

両面テープにも色んな種類があり、迷いに迷って選んだテープはコチラ。
3M製の、2㎜幅の超強力両面テープで、厚さは0.17㎜の物、お値段¥1400円です。


 


両面テープを貼り付けしていきます。
本体側に真っすぐ貼付け。
真っすぐ貼りたいけど、あまり引っ張り過ぎないように…

バックパネルがハマる部分は、外枠が一段高くなっているので簡単に分かりました。
また、厚さが0.17㎜では薄過ぎるかと思いましたが、特に問題無いように感じます。


 


はみ出すように貼り付けして、余分なところはデザインナイフで切り落としました。
この両面テープ、長さは55メートルと超超余りますが…まぁ仕方ないですね。


 


この貼り方でテープを貼ると、角の部分でつなぎ目が出来ます。
ココから水分やホコリが入りそうなので、一応内側に両面テープを貼り増ししておきました。
効果があるかどうかは不明ですし、純正品のような密閉が作り出せるとは思えませんが…


 


両面テープが全て貼り終えたら…写真では貼られていませんが…
指紋センサ―の配線コネクタも繋ぎ直しておきます。


 


バッテリーコネクタ、黒い太いコネクタ、指紋センサ―のコネクタ、3つ全てが確実に繋がっている事を確認してから、黒いパネルをネジ止めして戻します。

ネジは、「締め過ぎに注意」です。


 


バックパネルを閉める前…確認中。
この時点で、一度電源を入れてみて きちんと動作するか確認した方が良いでしょう。


 


分かりにくいですが、両面テープの剥離紙を剥がしたところ。
両面テープ自体は透明です。
一度、バックパネルを閉じると再度開けるのは大変なので、間違いの無いように。


 


バックパネルを閉じる時は、カメラ付近から行いました。
ズレると入らなくなりそうなので…


 


バックパネルは手でシッカリ圧着しておきました。
場合によっては、専用のクランプで圧着し、24時間放置する方も居るようです。
専用クランプじゃなく、洗濯バサミで挟んで置くとかでも良い気がしますが…

ワタクシは、ギューギュー圧着した後はいつものTPUカバーに入れて普通に使っていますが自己責任で。


 

バッテリー交換後にしばらく使ってみました。
AccuBatteryアプリによる、容量や健康度の結果です。
古いバッテリーも取り外す前にしばらく使ってみた結果です。

交換作業前の劣化したバッテリー

設計容量:3300mAh
推定容量:2030mAh

バッテリー状態:62%

 

交換作業後の新品互換バッテリー

設計容量:3100mAh
推定容量:2324mAh

バッテリー状態:75%

…新しいバッテリーの容量が、設計容量より少ないですね…
互換品だから仕方ないかな?
しかし、バッテリー状態のパーセンテージからは想像もつかないほど、バッテリーの持ちは良くなりました。
古いバッテリーでは、半日も持たない状態になっていましたが…
新しいバッテリーでは使い方にもよりますが、2日間充電なしでも大丈夫な日があります。
「充電しなければいけない」というストレスから解放された上に、スマホへの愛着が増しました。

作業的にはそれほど難しくないですし、60分~90分位で終わります。
自己責任で、是非やってみてください。

前編はこちらZenFone5Z バッテリーDIY交換~バックパネル取外し編~

こちらは純正バッテリーです。
互換品よりこっちの方が良かったですね…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【全国送料無料】ASUS ZenFone 5 (ZE620KL) | 5Z (ZS620KL)メーカー純正交換用バッテリー C11P1708
価格:3980円(税込、送料無料) (2021/8/22時点)

楽天で購入

 


Amazonギフト券 チャージタイプは現金で残高追加するたび
ポイントが貯まる 通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%
※1回で5,000円以上を注文し、
「コンビニ・ATM・ネットバンキング払い」を選択して注文確定してください。

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

コメント

タイトルとURLをコピーしました